私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

筋肉が硬いことは良いこと?悪いこと?

来週月曜日は休みを頂いており、再来週の月曜日は出張中になるため、

次回のブログ更新は10月23日になります。

間が空きますが、よろしくお願いします。

 

 

以前にも同じような内容のブログを書いたことがありますが、

勘違いをしている方が多くいらっしゃいますので、再び登場です。

 

良い筋肉とは「メリハリのきいた筋肉」です。

 

詳しく説明すると、

力を抜いているときは、赤ちゃんのように柔らかく、

力を入れているときはボディビルダーのように固くなる。

これがメリハリのきいた筋肉です。

 

 

皆さんのイメージでは筋肉は、とにかく硬いに越したことはない。

常に硬い筋肉が良い筋肉だと思っている方が多いです。

 

ですから、椅子に座っているとき、寝ているときに自分の足を触って、硬くなっていると「筋肉がある!」と安心してしまう人がいらっしゃいます。

これは間違いです。

逆に痛みを出す恐れのある筋肉の緊急事態なわけです。

 

そうすると至急、硬い筋肉をほぐす作業に、うつらなければなりません。

 

 

筋肉を使わない時は、ほわほわに柔らかい状態で、

いざ筋肉を使うときは、カッチカチに硬くなる筋肉。

それが理想です。

 

間違って思い込んでいた方は、考え方を修正して下さいね。

 

 

夢は痛みは無さそう!?なので筋肉は柔らかいです!

 

過去のブログは下記リンクをクリックしてください。

過去ブログ←ここをクリック

 

 

股関節の不安を一緒に取り除きましょう!