私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

関節症と神経 -痛み刺激の伝わり方 1 -

関東では早々に梅雨が明け、暑い日が続いています。

食欲や睡眠、大丈夫ですか?

夏はまだまだこれから。しっかり食べて、しっかり睡眠、リズムを大事にしましょう。

西日本の豪雨による水害では、甚大な被害が出ています。お見舞い申し上げます。

もう一度、自分の住んでいる町の「ハザードマップ」を確認しておきたいと思います。

 

またまた、専門的な話になってしまいますが、今回は神経についてちょっと触れたいと思います。

 

関節包または、関節包内で起こった炎症により、発痛物質が産出されます。

これが侵害刺激となり、侵害刺激に反応する神経が興奮します。

そして、“ 脊髄 ”の中にある中継地に刺激が伝わり、最終的には脳まで伝達され、「(関節炎の)痛み」

 とし自覚されます。

この時、痛み刺激の困った特徴があります。

一つは、末端で痛みを感知するする時、感知する受容器の興奮性は徐々に増大するということです。

ですから、同じ刺激を受けとっても、次第に刺激を増幅して伝達します。

また、受容器も敏感になり、わずかな刺激でも痛みを感知するようになります。

余計な特徴を発揮してくれますよね。

炎症期にある時の辛さの一面です。

別の特徴として、刺激が神経線維を伝わる時、本来なら脊髄に向かって刺激が伝わるはずなのですが、

 途中、線維の分岐部で逆行性に刺激が伝わり、別の組織に痛みを起こすことがあります。

専門的には、「軸索反射(じくさくはんしゃ)」というのですが、よく患部と離れた場所に痛みが

 起こる「関連痛」の要因ともいわれます。

*変股症では、大腿部(もも)や、下腿部(すね)などによく見られますね。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

もう一つ大事な特徴として、脊髄の中継地で、脳に向かう線維に痛み刺激をバトンタッチするのですが、

 この時、近くにある筋肉を動かす神経にも刺激が伝わります。

これが、さらにやっかいなこと …… 引き起こすんです。

 

続きはまた次回 …… です。