私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

痛みの経路

股関節に起こった痛み刺激は、脳の中の特定の部位に伝達されます。

この時、伝達される経路には、目的により2つの経路があることが分かっています。

1つは、「体性感覚野」と呼ばれる、感覚情報が集まる部位に伝達されます。

これにより、股関節がどのように、どの程度痛いか、などが知覚されます。

要するに、『痛みそのものを伝える経路』です。

もう1つは、「前帯状皮質」という感情を起こすことに関与する部位に伝達されます。

『痛みが感情を刺激する経路』が、あるということです。

痛みを“うれしい”と感じる人は、極少数の特異的な人でしょうから、通常は、辛さや、不安などといった

マイナスな感情が起こります。

さらに、その時の心の在り方にも大きく影響を受けます。

不安を抱いている時、痛みに注意を向けている時などには、痛みに対する感情は強くなります。

逆に、リラックスしている時、注意が散漫になっている時などには、痛みに対する感情は弱くなります。

また、人間は、社会集団を作って生きてきたので、他人と共感するという適応能力も持つため、

いかにも痛そう!という状況や写真を見ただけでも、この経路や脳の部位は活性されるそうです。

脳は、非常に sensitive ですよね。

 

いかに大元の痛みをなくすか!が、大事ですよね。

一生懸命押させていただきます!!

 

ご主人の顔を見ただけで痛くなる!? これは、別の要素がありそうですよ ………

 

これは、皇居の東御苑の写真です。行ったのが11月下旬だったので、まだちょっと紅葉は早かったです。

でも、寒桜が咲いてたり、全国の植物が敷地内にあるのでたまに出掛けます。

江戸城が残っていたら…とベンチに座りつい空想にふけっています。 変?