私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

ストレス

現在の医療は目まぐるしい検査機器の発展により『治療』よりも『診断』が中心になっている感じがします。

病院に行って病名がはっきりすると安心する。なんて人も多いのではないでしょうか?

ある種の刷り込みですね。

そもそも痛みの原因が明らかになった所で、その痛みが改善されなければ受診前と何も変わりません。

受診する度に手術の話と内服と湿布の処方だけでウンザリしている方も少なくは無いと思います。

そもそも整形外科領域において投薬や物療での根治は難しい様に思います。

それでも、『原因不明』『不定愁訴』と言われるよりもはっきりとした『病名』が付く方が安心するのです。

 

最近では、患者さんの要望に応える医師が良い先生。と言う風潮です。

患者さんの要望に応え無いと、あの医師はヤブだ…なんて噂も流れてしまいます。

しかし、患者さんの要望だけでなく、患者さんの症状に合わせて投薬や治療の有無を決めてくれる先生の方がきちんと患者さんを診てくれているように感じるのは私だけでしょうか…

そもそも画像所見と症状が一致するとは限りません。

画像は確定診断をする為の一つの要素でしかありません。

実際に痛いのは何処か。

患者さんの生活状況や生い立ち、現在の症状に至るまでの経緯がとても重要だと思います。

皆様の主治医は事細かに聞いてくれていますか?

『すり減った軟骨や変形した骨の問題』

『最終的には手術』

と考えている先生方はソコはあまり重要視していない様に感じます。

診察時にパソコンの画面ばかり見ていて視線すら合わせてくれない…なんて話も良く聞きます。

そもそも軟骨には痛みを感じる神経は存在していません。

『軟骨がすり減っているから痛い』と言う事はありません。

 

基本的に痛みは脳が受信しています。

『痛い』と言う脳へのストレスを与え続ける事で『痛み』は慢性化します。

脳も痛みに対して過敏になっていきます。

痛みに対しての閾値が下がっている状態です。

脳へ過剰なストレスで筋肉はますます過緊張し、どんどん血流が悪くなり更に痛みに過敏になります。

悪循環です。

まずは筋肉をしっかりほぐして循環を良くしてあげる事が重要です。

そして、恐がらずにしっかり痛い方の脚に荷重して生活してあげて下さい。

普通に生活していて変形した骨が崩れたり、関節が抜けるなんて事は考えられません。

股関節周辺の靭帯や筋肉はそれだけ強靭で強固なものです。

安心して下さい。

歩き方や姿勢を気にする方も多いですが、痛い時は無理せず痛みを感じ無いように工夫して生活して下さい。

『痛み』と言うストレスが軽減して行くと歩き方も姿勢も勝手に変わってきます。

そして自分の好きな事、楽しいと感じるものは遠慮なくやって下さい。

大丈夫です!

好きな事や楽しい事をやっている時はストレスが軽減します。

脳にインプットされている『痛み』や『恐怖心』を『楽しい』『大丈夫』に上書きしてあげて下さい。

 

変形は修復作業です。

変形し続ける事はありません。

修復作業が終われば必ず落ち着きます。

痛みはかなりのストレスです。

骨は大丈夫です!!

ある意味開き直って、好きな事や楽しい事を優先して、ストレスから解放してあげましょう!

 

※6月20日(水)〜23日(土)の仙台出張施術の予約を受付中です。

 ご予約希望の方、詳しくはホームページをご覧ください→こちら

 お問い合わせは松本深圧院仙台店専用の

 090-6525-0305

 までお願いいたします。

※7月26日(木)~28日(土)の大阪出張施術の予約を開始いたしました!

 私自身初めての大阪出張施術になります。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 詳しくはホームページをご覧ください→こちら