私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

股関節痛にスポーツ根性は通じない!

来週は仙台出張中となり、

再来週は都民の日のため、お休みをいただいているため、

次回のブログ更新は10月8日となります。

間が空きますが、宜しくお願いします。

 

10月7日に開催される皆様とスタッフとの食事会は、まだ10名空きがあります。

参加ご希望の方は、ホームページの問い合わせからメールください。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。

 

 

昔から

「スポ根(スポーツ根性)」

「日本人魂」

というような言葉が使われることがあります。

日本人特有の、こういった精神はあると思いますし、日本の文化でもあると思います。

 

決して悪い考え方ではありませんが、

股関節痛と相対する時に、これらの精神は治療の邪魔となります。

 

例えば、筋トレをする時に足に痛みが出たとします。

この痛みに対してどう思い、どう対処するのかが大事になります。

①「この痛みを乗り越えれば、その先に栄光が待っている!」

と思うのか、

②「痛いと言う事は身体が悲鳴を上げているのだから、この運動は今の自分にはあっていないから辞めておこう」

と思うのか。

 

①と②、どちらが正解でしょうか?

 

文脈から分かるように②が正解です。

 

痛いと体が訴えているのに「この痛みに耐えて乗り越えれば股関節痛は治るんだ!!」

と考えてしまうのは、身体を痛めつけている事になります。

 

股関節痛と限らず身体の痛みへの対応の仕方は、身体からの訴えに素直に従う事です。

痛ければやめる。

痛くない動きは積極的に取りいれる。

これが痛みを取る近道です。

 

自分の身体を痛めつけないで下さいね

 

 

過去のブログは下記リンクをクリックしてください。

過去ブログ←ここをクリック

 

股関節の不安を一緒に取り除きましょう。