私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

手術直後の過ごし方!

病院では人工股関節の手術をすると、翌日から歩くリハビリをする事が常識となっています。

 

手術直後、股関節の周りは、どのような状態にあると思いますか?

 

打ち身、打撲、捻挫などをすると、そこの部位は腫れますよね。

 

手術は皮膚・脂肪・筋膜を切開、筋肉をよけて、靭帯と関節包を切開し、深くにある股関節の骨に到達します。

 

これだけ、色々な組織をメスで傷つけて手術するわけですから、手術後、これらの部位が腫れるのは当然の事です。

 

誰でも腫れます。仕方のない事です。

 

この腫れている時期を、どう過ごしたらよいのでしょうか?

 

未だにリハビリでは、手術直後からマッサージをしたり、筋肉トレーニングを行うところが少なくありません。

 

まだまだ腫れが残っていて、その晴れの影響で「痛い、痛い」と言う時期に上記のような事をしても良いものでしょうか?

 

私は、これらは腫れを悪化させたり、治まるのを送らせてしまう可能性が高いと考えています

 

では手術直後は何をしたら良いのか?

 

それは「腫れを早くひかせるために何をすればよいか?」です。

 

皮膚を触って熱感があったり

 

皮膚を見て、赤みがあったり

 

あるいは見るからに腫れている部分があれば、

 

それらの部位を「緩める」姿勢をリハビリの先生には患者様に指導して欲しいと思っています。

 

そして、患者の皆様にも、

 

「こんなに痛いのに、筋トレを続けていて良いものなのか?」

 

と疑問に思ってもらいたいと思います。

 

目の前にいるのはリハビリの先生ですから、先生の言う事を聞いていれば間違いない!と思ってしまいがちですが、

 

何か疑問を感じたら、率直に先生に質問してみることをお勧めします。

 

それが、早く状態が回復する早道にもなりますし、

 

行く行くは人工股関節の長持ちにも繋がりますからね!

 

 

 

過去のブログは下記リンクをクリックしてください。

過去ブログ←ここをクリック

 

股関節の不安を一緒に取り除きましょう。