私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

股関節と腰の動きは密接!

股関節を曲げて手でスネを抱え込んだ時に、胸と太ももがくっつくような方を見ると羨ましくなりますね。

 

「昔は、私も付いたのに・・・」

 

そして、また私も、あのように股関節がグーーーッと曲がるようになりたい!頑張ろう!と思いますよね。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

実は、この動き、股関節だけが動いている分けではありません。

 

股関節の動きプラス腰骨の柔軟性が必要不可欠なのです。

どういうことかと言うと、単純に股関節だけで胸の方に太ももを引き寄せたとしても約90度しか曲がりません

 

90度と言うのは椅子に背筋を伸ばして座っている状態です。

 

これでは胸と太ももは、まだまだ遠いです。

 

この時に股関節では太ももの骨と骨盤の骨が既にぶつかってしまっているので、これ以上は曲がりません

 

これは、変形性股関節症だからと言う理由ではなく、股関節の形が正常な方でも、そうなのです

 

ここから更に体育座りのように足を胸に引き寄せていくためには、腰骨が猫背になる方向に丸まってこないといけません

 

股関節の引き付け角度90度 + 腰骨が猫背になる動き = 胸と太ももがくっつく

 

と言う計算になります。

 

どうしても股関節に痛みがありますから、股関節の動きだけに目が行きがちですが、腰の動きも重要です。

 

股関節だけではなく、腰骨から背骨の柔軟体操や、腰の筋肉をボールでほぐすと、日常の動きが楽になるかもしれませんよ。

 

ここから応用して考えると、股関節の動きが例え良くならなくても、

 

腰骨の動きが良くなれば、今よりも爪を切ったり、靴下をはく動作も楽に出来るようになる可能性がある!

 

とも言えますね!

 

なんだか新しい希望の光が見えてきませんか?

 

是非、視点を変えてチャレンジしてみて下さい。

 

 

 

過去のブログは下記リンクをクリックしてください。

過去ブログ←ここをクリック

 

股関節の不安を一緒に取り除きましょう。