私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

股関節にとっての腹筋の重要性!

体幹が大事!

 

インナーマッスルが大事!

 

と言うのは、聞いたことがある方が多いと思います。

 

どちらも、間違いなく大事です。

 

その中でも今日のテーマは「腹筋」です。

 

腹筋は、股関節の負担を減らすために、とても重要な筋肉です。

 

腹筋の働きとして挙げられるのが、

 

「骨盤」と「腰骨」の安定です。

 

日常生活の色々な動きの中で、この骨盤と腰骨がグラグラしていては、身体の安定が図れず、

 

その分、足の付け根にある股関節周囲への負担が大きくなってしまいます。

 

そうすると、股関節周りの筋肉は疲れやすくなり、痛みが出てしまいます。

 

1つ例を出します。

 

これは、あおむけで片足を天井に向けて持ち上げている動きです。

 

この時、腹筋がしっかりと働いてくれると、足の土台となる骨盤と腰骨が安定し、足が軽く上げられます。

 

しかし腹筋が弱いと、骨盤と腰骨が不安定となり、土台が安定しませんのでかなり足の力を使わなくてはなりません。

上の2枚の絵を比べてみて下さい。

 

下の絵は腹筋が働かないので、お腹が伸びてしまい、腰が床から浮いて反り腰になってしまっています。

 

このような不安定は、座っている時、立っている時、歩いている時と、

様々な場面で股関節周りの筋肉に負担をかけてしまうわけです。

 

腹筋がつけば、股関節を動かす筋肉の負担が減り、痛みも出にくくなります。

 

腹筋を使えるようにして、股関節痛を楽にしましょう!

 

腹筋の方法は、youtubeで説明していますので、是非、ご覧ください。

 

 

HIP Tuber TAYAMAの股関節動画は、下記をクリックしてください。


 

過去のブログは下記リンクをクリックしてください。

過去ブログ←ここをクリック

 

股関節の不安を一緒に取り除きましょう。