私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインサロン

オンラインサロン

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

腸腰筋

 

腸腰筋は、股関節の機能において重要な筋肉の1つです。

腸骨筋と大腰筋と小腰筋。

3つの筋肉が合わさって腸腰筋と呼ばれます。

 

 

腸腰筋の主な働きは、股関節を屈曲させることです。

屈む・曲げるの字から想像しやすいと思いますが、股関節の屈曲とは、

脚を前に出したり、太ももを持ち上げるような動きのことです。

日常生活の中では、階段を昇るとき、ズボンを履くときに見られる動きです。

他にも、座った姿勢で足が挙げにくかったり、歩いていて脚を前方に出す時に痛みが起こる方は、

腸腰筋が硬くなっているかもしれません。

 

 

このとき、痛いからと言って腸腰筋を鍛えるのは危険です。

誤って筋肉を鍛えるとさらに痛みが増したり、筋肉が硬くなり十分に伸び縮みできなくなるからです。

硬い筋肉は、パワーが出せず、傷めやすく、回復も遅くなり良いことは一つもありません。

マッサージやストレッチ等を行い、柔らかい筋肉に戻してあげましょう。