私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

インナーマッスルの役割

 

筋肉には表層のアウターマッスルと深層のインナーマッスルがあり、両者のバランスが重要です。

スクワットで鍛えて表層の筋肉がついても、軸となるインナーの筋肉がなければ、十分に力を発揮できないばかりか、身体を傷める場合もあります。

インナーマッスルは関節の近くにあって、関節を固定し、安定させています。

 

アウターマッスルでも、太ももの前側の大腿直筋や太ももの後側のハムストリングスのように、股関節に加えて膝関節まで支配する長い筋肉で安定させようとすると、支点が遠いため大腿骨頭がブレやすくなります。

 

本来であれば腰椎、骨盤、大腿骨をつなぐインナーマッスルの腸腰筋や、骨盤と大腿骨をつなぐインナーマッスルの梨状筋のような短めの筋肉がきちんと働くことで、支点が近付いて大腿骨頭がブレない安定性と可動性が得られます。

 

 

インナーマッスルは姿勢保持筋とも呼ばれ、姿勢と深く関わっているので、普段何気なく行っている動きやクセ、習慣によって意識せずに負担をかけ続けていることもあります。

股関節は人体の奥深くにあって、それを支える筋肉も深層にあります。

直接触れられないこともあり、インナーマッスルの硬さを意識するのは難しいですが、深層筋は痛みの原因となり、股関節の動きにも影響を及ぼします。

股関節の治療において、インナーマッスルをほぐすことは重要なので、テニスボールを使ってケアをしていきましょう。