私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

むくみについて

 

最近足のむくみがとれなくて」施術中に何度か聞かれた言葉です。

今回はむくみについて書いてみます。

 

むくみとは、細胞と細胞の間の水が異常に増加した状態をいいます。

 

循環が滞り血液中の水分が血管の外に滲みだして皮膚と皮下組織内に溜まることで、

朝起きると顔が腫れぼったかったり、夕方になると足がむくんでしまい靴が

窮屈になるなどの症状が現れます。

 

何故、むくむのか?

日常生活から考えられる原因を挙げてみます。

 

 

1:立ち仕事や長時間同じ姿勢

立ちっぱなし、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいると

血液が重力により足に溜まります。

心臓から遠い位置にあって血流が滞りやすいため、むくんできます。

 

また血液循環をスムーズにするためには筋肉の力(筋ポンプ作用)が必要です。

筋肉量が少ない人は血液を送る力が弱くむくみやすくなります。

 

 

2:水分や塩分、アルコールの摂り過ぎ

水分や塩分を摂り過ぎると、血管の水分が増え外に滲みだしやすくなるため、むくみが起こります。

またアルコールを飲むことで血管の透過性が高まり、水分が滲みだしやすくなります。

 

 

3:水分不足

水分が多いとむくみますが、水分が少なすぎてもむくみを引き起こします。

水分が不足すると静脈の血行が悪くなり、動脈から血管の外に出た水分を静脈が吸収出来なくなります。

それによって皮膚と皮下組織内に水が溜まりむくみが起こります。

 

4:女性特有のむくみ

生理前や妊娠中、更年期にホルモンバランスが変化することでむくみが起こります。

また自律神経の乱れから血行が悪くなりむくみが出やすくなります。

 

 

以上ざっとですが原因をあげてみました。

思い当たることはあったでしょうか?

対策編は、明日公開です。