私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

顎関節症の3つのサイン

 

顎関節症には代表的な症状が3つ挙げられます。

 

3大兆候

①開けよう、嚙もうとしたときに痛みがある。

②大きく口を開けられない。

③口の開け閉めで音がする。

 

この3つのサインのうち1つでも当てはまるなら顎関節症が疑われます。

 

 

ただし①痛みや②開けにくさがあったとしても、原因が顎関節症以外の病気の可能性も

あります。

例えば腫れを伴うようなら『噛み違え』による顎関節の捻挫かもしれません。

親知らずの炎症ということもあり得ます。

 

 

 

そして③音があったとしても、口がちゃんと開くし、痛みもないようなら、治療の対象にはなりません。

これは首を回したり、肩を動かして音が出るという状況と同じです。

音を消すためには手術が必要ですが、一般的には音だけなら手術すべきではなく、

治療の必要もないとされています。

ちなみに人口の20%近くの人が顎関節で音が鳴る症状を持っています。

 

 

3大兆候のうち1つ以上の症状が続いており、他の病気を否定したときに

顎関節症と診断するわけです。

痛みや口の開けにくさが一時的だったり、音だけで他の症状がなければ

治療の必要はないかもしれません。

顎関節や顎を動かす筋肉の痛み、あるいは口の開けにくさで、実際に治療が必要になる人は

症状を自覚した人の中の5%程度とも言われています。