私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

TCHテスト

 

上下の歯が持続的に接触することは、顎関節症だけではなく様々な症状に関連する可能性があります。

じつは食いしばりのような一時的な強い接触よりもTCHのような弱い持続的な接触の方が

身体への悪影響を及ぼす割合が高いとも言われています。

 

そこで大事なのはTCHの有無の確認です。

セルフチェックのための簡単なテストをご紹介します。

 

①まっすぐ前を向いて座ります。

②唇を軽く閉じます。

 

このとき上下の歯は接触していますか?→「はい」の方はTCHの可能性ありです。

そして接触している状態から上下の歯を離すと、口や顎の周りに違和感があったり

離している状態を5分間維持できない方もTCHの可能性大です。

 

さらに「舌の横に歯形がついている」「頬っぺたの粘膜に歯を押し付けたようなスジが

できている」というのもTCHの方の特徴です。

 

 

歯の接触テストと合わせて、一度鏡で口の中を確認してみてください。