私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

TCHをリセットする

 

顎関節症の背景にあるTCHを修正するにはどうしたらいいか。

 

最も重要なのは『気付く』ことです。

噛みしめているときに、力を抜いて、ただ上下の歯を離すだけいいんです。

触れたら離す、を習慣化することで、TCHを改善することができます。

 

では具体的に何をすればいいのか。

 

TCHの治療として有効とされている行動療法を紹介します。

歯科的な治療が不要で、コストゼロで手軽に行える方法なのでオススメです。

 

 

TCHをリセットする行動療法には3つのプロセスがあります。

①自傷行為の認識

    

②視覚からの条件反射

    ⇩

③接触からの条件反射

 

まず①ではTCHが自分に悪影響を与えていると認識します。

両手を頬とこめかみに添えて上下の歯を合わせて、筋肉の緊張を確認して

TCHが筋肉の疲労につながると改めて自覚しましょう。

 

 

次の②では「歯を離そう」「リラックス」などと書いたメモを自宅や職場にたくさん貼り、

それを見たら深呼吸して歯を離し、脱力して肩を落とす。これを1回行います。

そのメモを見たら、歯を離してリラックスを習慣化します。

 

最後の③では歯を接触させたら離す癖を作ります。

本来ならば歯が触れると、脳が筋肉の緊張を感じて歯を離すという反射回路があります。

TCHではこの回路がダウンしますが、②を続けるうちに反射回路が蘇り、

接触刺激のみで無意識に歯が離せるようになります。

 

 

個人差はありますが、2~3週間で変化を感じて3ヶ月~半年程度で、

多くの人でTCHが改善してくるようです。

顎関節症でお悩みの方は、是非今日から始めてみましょう。