私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

股関節の安定性

 

歩くときに肩や骨盤が揺れるのは、中殿筋が弱いからだといわれます。

股関節の安定・支持に影響を及ぼす中殿筋に問題ありと言われて筋力トレーニングをしている方は

たくさんいらっしゃいます。

ですが中殿筋の筋トレで、歩き方が改善するのかは疑問が残ります。

 

 

そもそも中殿筋は比較的浅い層にあるアウターマッスルです。

股関節の外転(脚を開く)や骨盤の傾きといった目に見える動きで働く筋肉であり、

身体の奥深くにある股関節を支持する働きは中殿筋だけでは厳しいです。

 

 

関節の安定・支持に働くのはインナーマッスルであり、股関節においては小殿筋、腸腰筋、

深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)といった深層筋が主役になります。

これらのインナーマッスルが大腿骨頭を寛骨臼にひきつけることで、股関節が安定するのです。

 

 

ですから中殿筋の筋力強化だけでは改善は難しいです。

まずは深層筋の状態を正常に戻すことが必要です。

股関節のすぐ近くにある深層筋を柔らかくすることで、股関節の安定性は増します。

それが今後の予防や進行を止めることになります。