私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

何故つまずくことが増えたのか

 

「ちょっとした段差で足が引っかかってつまずいてしまう」

お話を伺っていると、このような訴えをされる方が多くいらっしゃいます。

そしてその後には「筋トレをして筋力をつけないと」と続きます。

 

「つまずくのは足が上がりにくいからで、その原因は筋力不足だから筋トレだ!」

このように考えるのは当然のようにも思えますが、

果たして筋力低下だけの問題なのでしょうか?

 

 

これには筋肉が持つ『固有感覚』が関係します。

『固有感覚』とは、筋肉や関節の感覚のセンサーの役割をしています。

『固有感覚』が働くことにより、目を閉じて他人に手足を動かされた時でも、

どの方向にどれくらい曲がっているかを感じ取ることができます。

 

 

しかし股関節周囲の組織が硬く柔軟性が低下していると、この感覚も低下し、

手足がどのように動いているのか判断しにくくなります。

 

 

小さな段差に対して、足をどれくらい上げるのか。今はどれくらい上がっているのか。という

感覚情報が正確に伝わることで、足の位置を把握し微調整することができるのです。

 

 

深層にある硬さを解消できなければ、この固有感覚の問題は改善できません。

筋肉は適切な柔らかさを持つことで、感覚を正確に受け取って、十分な出力を発揮できます。

硬いままではこの能力は発揮できません。

まずは筋肉をほぐすことです。

深圧で病気になった筋肉を治すことが先決です。