私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

膝を伸ばす

 

リハビリで歩行の指導を受けると、踵から着くようにと言われることがありますが、

その際には膝を伸ばすことが大切です。

 

 

なぜかと言うと、歩行では踵が地面に着くときに股関節に強い衝撃を受けます。

 

このときに膝が曲がっていると、靭帯が働かないため膝関節は安定しません。

 

そのような不安定な状態では歩けないので、靭帯の代わりに筋肉を使い関節を安定させようとします。

 

そうして筋肉に負担がかかり疲労が蓄積して、膝関節の周囲に痛みが出現します。

 

この膝の痛みが、さらに股関節の痛みを増悪させることも十分に考えられます。

 

 

踵を着くときには膝を伸ばすことを意識してみてください。

 

ただし、膝を伸ばして踵を着くことで痛みが出たり、痛みが強くなる場合は中止です。

 

決して無理をせずに、まずはその動きができる身体にするため、しっかりと筋肉をほぐしましょう。