私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

梨状筋をほぐしましょう。

 

ソケイ部の痛みには、股関節の後側にあるお尻の筋肉を緩めることが有効です。

 

その中でもお尻の奥深くにある梨状筋が、痛みの原因である可能性が高いのですが、

 

なぜ梨状筋の硬さが、ソケイ部の痛みを起こすのでしょうか。

 

 

 

梨状筋は、仙骨と太ももの骨にある大転子にくっついています。

 

股関節後側に位置するこの筋肉が硬くなり収縮すると、大転子は後方に引かれていきます。

 

その結果、大腿骨頭(太ももの骨の上端の球状の部分)が寛骨臼と呼ばれるソケットのなかで、

前方または前内側へ変位します。

 

前に押し出された大腿骨頭によって、ソケイ部の筋肉が圧迫されて、やがて痛みを起こすことが

考えられます。

 

 

このような場合、痛みのあるソケイ部だけをほぐしても改善することはありません。

 

原因は、前ではなく後ろにあります。

 

インナーマッスルである梨状筋は、姿勢を保持する・安定させるために働きます。

 

身体の使い方や生活習慣によって、意識することなく思わぬ負担をかけていることもありますから、

しっかりとケアしておくことが大切です。