私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

人工股関節手術後の痛み

 

人工股関節手術を受けた術後、股関節周囲の痛みに悩むケースがあります。

 

レントゲン写真では手術結果は成功にもかかわらず、痛みが残存している状態です。

 

こういった術後の経過が良くない原因は、レントゲン写真に写らない軟部組織、主に筋肉にあります。

 

人工股関節手術前の大腿骨は、変形により短くなっていることがほとんどです。

 

そして筋肉も炎症の影響で病気になって、硬く縮んでいる状態です。

 

左右の脚の長さを同じにするため、術側の脚は手術前よりも長くなります。

 

この場合、大腿骨が長くなるのに伴い、軟部組織も長く伸ばされます。

 

ただでさえ硬い筋肉が急に伸ばされて、強く引っ張られてしまい、その結果、痛みが起こります。

 

このように人工股関節手術後の痛みの原因は、ほぼ筋肉だと考えられます。

 

筋肉が原因の痛みであれば、筋肉をほぐすことで改善することができます。

 

まずはテニスボールなどで硬い筋肉をほぐしてみましょう。

 

病気状態の筋肉を治せば、痛みはなくなっていきます。