私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

炎症の後遺症による痛み

 

新年最初のブログです。

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

2019年は様々な経験をさせていただき、沢山の方にお世話になりました。

2020年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

今年は2月から大阪店での出張施術に伺わせていただきます。

関西の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ご予約はこちらより ☞ 大阪予約サイト

 

 

 

股関節痛の原因は、股関節関節包内の炎症と、炎症の影響による筋肉の病気です。

 

つまり股関節痛には、【炎症由来の痛み】と【筋肉の病気による痛み】の2つが存在していることです。

 

炎症は組織を修復するために起こりますから、股関節内の炎症もずっと続いていくということはなく、

必ず改善します。

 

炎症は下の図のような放物線状の経過をたどります。

 

 

痛みが起こり始める炎症前期は、炎症が徐々に強くなり、骨や軟骨の変形が起こり修復が行われます。

炎症のピークを越えて炎症後期に入ると、股関節は安定し、症状は改善して痛みも減少していきます。

 

筋肉の痛みは基本的に炎症と連動していますが、炎症後期に筋肉の痛みが炎症と連動して改善していくのは、炎症前期から筋肉をほぐしていた場合です。

炎症が徐々に強くなっていく炎症前期は、炎症性+筋肉性の2つの痛みが混在しています。

この時期に、筋肉をほぐし筋肉の痛みだけでも取り除いて、股関節の柔軟性を維持しておくが重要です。

筋肉をほぐしていない場合、炎症前期から痛みは暴走を始めます。

やがて炎症後期に入って炎症は軽減していくにもかかわらず、筋肉の痛みは強いまま続いていてしまうことが多くあるのです。