私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

股関節痛と筋トレ①

 

股関節痛がある時期は筋トレをしてはいけません。

 

筋トレは痛みがない状態で行うのが原則だからです。

 

筋トレを行うために準備しなければならないことは、股関節痛を取り去ることですが、

一般的には、変形性股関節症の病期に関係なく、全ての人に筋トレをすすめることが多いようです。

 

しかし、痛みや変形の程度は一人ひとり異なります。

炎症が強い時期に筋トレを行うと、炎症も筋肉の病気もますます悪化して痛みが増大し、

その結果が、「進行している」「悪くなっている」ように見えるのです。

 

 

皆さんの筋力低下は、股関節炎という病気自体によって起きているのではありません。

股関節痛があって足に体重がかけられないから、もしくは、病院で足をかばうように言われるから

足がやせ細って筋力低下が起こっているだけです。

 

「(痛くて)使えない」、「(医師の指導により)使わない」ことにより筋力が低下しているのであれば、

筋力を回復させるには、足に体重をかけられればいいということになります。

そのためには、まず痛みを取り去る治療を行うことが何より優先されるべきです。

 

 

お知らせ】

2020年9月25日(金)~9月27日(日)の札幌出張施術の予約を受付中です。

ご予約希望の方はこちらをクリックしてください。 ☞ 札幌店ホームページ

どうぞよろしくお願いいたします。