私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

筋肉の疲労と病気②

 

股関節炎の場合、筋肉の状態は炎症の強さの影響をうけます。

炎症の起こりはじめから、ピークを迎えた時期は、炎症の影響によって筋肉は病気になりやすく、

炎症のピークを越えて徐々に炎症が治まってくると、原則的には筋肉の病気も疲労へと変わり、

やがて正常へと戻っていきます。

 

しかし、炎症が起きてからピークを迎える時期に筋肉のケアを怠ると、このような治癒過程を進むことはありません。

炎症のピークを過ぎても、筋肉は病気のままで暴走し、急に無理をしたときに筋肉の痛みが爆発してしまいます。

その痛みにより足の筋肉がつって歩けなくなるなどの症状が起こり得ますから、たかが筋肉の痛みだと軽視するわけにはいきません。

筋肉の病気を治すためには、血流循環を改善することが重要であり、「ボールほぐし」といった筋肉のケアは欠かせません。

 

私達が疲労時に休息を必要とし、病気のときに治療を必要とするように、筋肉にも休息が必要であり、筋肉の病気には治療が必要なのです。

 

 

 

お知らせ】

2020年11月27日(金)~11月30日(月)の札幌出張施術の予約を受付中です。

ご予約希望の方はこちらをクリックしてください。 ☞ 札幌店ホームページ

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2020年12月17日(木)~12月20日(日)は大阪に伺わせていただきます。

只今、出張施術の予約を受付中です。

ご予約希望の方はこちらをクリックしてください。 ☞ 大阪予約サイト

どうぞよろしくお願いいたします。