私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

筋肉も『発痛物質(組織)』!?

夏の暑さに加えて、台風。

今年は、この自然現象に「異常な」という言葉がついて回ります。

さらに北海道では強い地震。

大きな自然の脅威を改めて突きつけられました。

人間は、「自然の中で生きている」「生かさせてもらっている」とつくづく思います。

北海道の皆さん!月並みですが、負けないで頑張ってください!!

 

 

前回、「血流が減少した筋肉の特徴として、筋肉が働こうと収縮しただけで、侵害刺激が

 加わらなくても筋肉自体に痛みが起こります。」と、お話ししました。

これは、生理学的な現象です。

結果、筋肉も『 発痛物質(組織)』になるわけです。

そう、発痛物質!

久しぶりに激しい運動した後などに起こる「筋肉痛」ではありませんよ。

運動後の筋肉痛は、一般的には、運動により筋肉繊維の一部が損傷し、炎症が起こること

 により、発痛物質が痛みをもたらしているのです。

 

発痛物質とは、もともと体内に少量ずつ存在し、神経伝達物質として、神経から神経への

 情報を伝える、など、重要な役割を担っているものです。

ところが、体の組織が破壊されたり、炎症が起きたりすると、発痛物質が細胞から大量に

 産出され、痛みを引き起こす素になってしまいます。

(*発痛物質:ブラジキニン、セロトニン、ヒスタミンなどがあります。)

 

これらの物質と同様の働きを、筋肉がしてしまうのです。

でも、ここには、「血流が減少した」という、条件があります。

組織の炎症の影響、神経伝導の影響により、股関節周囲の筋肉は絶えず緊張状態にあり、

 血流が減少或いは、減少しやすい環境があるのです。

そこに日常生活等の動作・活動で筋肉を使用するわけですから、痛みが強い状態では、

 さらに筋肉の血流は減少してしまいます。

結果、筋肉自体も発痛物質として、「痛み」を主張します。

ですから、硬くなり血流が低下して、自ら発痛物質となってしまっている筋肉を、

 しっかりほぐして、血流を与えることは、大事な作業の一つなのです!

というより、解さなければいけない作業なのです!! 

 

筋肉は生きています。

毎日のメンテナンス、頑張りましょう。 “ momimomi ”