私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

鼠径部は悩みの種⁉ <恥骨筋>

またまた週末大きな台風が関東に来そうです!!

ラグビーの日本戦や F-1もあり楽しみにしておりましたが……

大きな被害なく無事過ぎてくれることを願います。

 

さて、今回の悩める鼠径部痛の主役は、『恥骨筋(Pectineus m.)』です。

この筋は、場所的に下の図の斜線部のような、鼠径部を中心に痛みを出します。

 

  

この筋は、「恥骨」筋というくらいですから、上左骨盤の図の「恥骨」から始まる筋です。

“恥骨の恥骨上肢” という場所から始まり、“大腿骨後面の恥骨筋線” という場所に付着します。

支配神経は、“大腿神経(だいたいしんけい);L2-3” または、“閉鎖神経(へいさしんけい);L3” 

 <個人差あり>です。

この筋肉の働きは、股関節を内側に寄せる(内転)・股関節を曲げる(屈曲)・股関節を内側に捻る

 (内旋);<(外旋)作用の指摘もある>などがあります。

メインの働きは、脚を内側に寄せる(内転)です。

この(内転)の働きをする筋肉は、内転筋群と呼ばれ他にも多くの筋肉があります。

『恥骨筋』は、これら内転筋群の一番上に位置し、他の内転筋群の筋が “閉鎖神経” という神経で支配

 されるのに対し、唯一支配神経が異なる筋自体は小さいですが、ある意味特異的な筋です。

           

股関節症で、「腸腰筋」の機能が障害されると、どうしても脚を曲げる(屈曲)の働きが低下します。

この際、脚を曲げる屈曲作用の補助筋である、「大腿直筋」や、「大腿筋膜張筋」などと同じように、

 この『恥骨筋』もかなり負担は増えることが考えられます。

結果、痛みにつながり、『恥骨筋』が硬くなっている方が結構みられます。

椅子に座り、少し脚を開いて、脚の付け根を、手やテニスボール等でこの小さな『恥骨筋』もしっかり

 ほぐして下さい。

 

朝晩は大分涼しくなりましたが、10月になってもまだ日中30°近くまで気温が上がる日があります。

暑いインフルエンザも一部で流行っているようですので、体調管理にはお気を付けください。