私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

外の壁⁉ <再登場:大腿筋膜張筋からの腸脛靭帯> ①

Go  to  トラベル!

Go  to  イート!

Go  to  深圧院⁉⁉

 

人間が、立ったり、歩いたり、走ったり・・・これらを動作を安定してスムースに行うには、

 外にしっかりとした “壁” としての身体の機能が必要です。

今回取り上げる筋肉は……

 

以前、『鼠径部は悩みの種⁉』のなかで、『大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

 :Tensoer Fasciae Latae;TFL』についてお話しました。

     

この筋肉は、比較的大腿の前面に位置しているため、股関節においては、“屈筋群(脚を曲げる

 筋群)”に分類されます。

しかし、この筋肉を支配している神経は、「中殿筋」・「小殿筋」と同じ、“上殿神経(じょう

 でんしんけい)”で、筋の起始も接近しています。

ですので、解剖学的には、『外の壁⁉』として取り上げたいのですが、「大腿筋膜張筋」単独

 では、股関節を外転(脚を外へ開く)する役目はそれ程ありません。残念⤵

ですが、この筋肉がある組織とタッグを組むと、立派な『外の壁⁉』になるのです。

そのタッグの相手は、『腸脛靭帯(ちょうけいじんたい):Tractus Iliotibialis;TI』です。

 

「大腿筋膜張筋」が連結するこの「腸脛靭帯」の構造は、ちょっと複雑です。

その働きについては、次回触れたいと思います。

 

「大腿筋膜張筋」の One  Point ! 

近年、人工股関節の手術の主流となっている “筋温存型” の “前方アプローチ” という筋肉を

 切らない手術の方法では、「大腿筋膜張筋」の前方、または、後方から侵入していきます。

※術式や、手術については、改めて触れていきます。