私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

忙しすぎです!

最近は待ち時間数時間で数分の診察時間…と言うのが多い様です。

特に整形外科は忙しすぎます。

ゆっくり診察をしたくても患者さんが多すぎて、

とにかく早く簡潔にと言った感じです。

そもそも保険診療自体にムリがありすぎです。

気軽に医者に行ける事は良いのですが、

とにかく患者さんの数が多すぎます。

患者さんからの訴えがあれば蔑ろにはできませんし、

軽症だとしても何かしら処置をせねば患者さんも納得してくれません。

保険診療のシステム的な問題と医師の診察力もありますが、

患者さん側の問題も大きな要素だと思います。

必要の無い検査や処方も患者さんに納得してもらう為には必要なものなのかもしれません。

何もしないと

『あそこの医者は何もしてくれない』

と悪い噂が立ってしまいます。

情報化社会である現代で、そんな噂が拡散する事は経営的に大打撃です。

院の存続も危ぶまれてしまいます。

経営的な面も考慮すれば、現在の診療の流れが変わる事は無いと思います。

患者さんに納得してもらうためにも、

必要のない処置も必要な状況なのかもしれません。

打開策としては…

まずは患者さん自身も痛みに対しての知識を持つ必要があると思います。

情報化社会なので情報はいくらでも転がっています。

ただ、情報量が多すぎて混乱してしまいます。

何を選択したら良いかが分かりません。

すると、結局は多数派に流れてしまいます。

間違った情報も多数派であれば正しい情報になりうると言う事です。

少しずつでも正しい情報を拡散して下さい。

少数でも正しい情報の拡散にご協力をお願いします!

『変形した骨が痛い』

『擦り減った軟骨が痛い』

『骨に空いた穴が潰れてしまう』

などは間違った情報です。

骨の形と痛みは別問題です。

変形があっても痛み無く生活している人もたくさんいます。

実際、変形のある人の6割程は痛みを感じず生活しています。

医師に言われるがまま…そんな診療はおかしいです。

『骨は大丈夫ですよ!』

『多少の変形はあって当たり前です』

『安心して生活して下さい!』

そんな医師からの一言で、

患者さんは痛みや不安から解放されるのではないでしょうか?

 

今週は一気に気温も上がり、

春めいた…を通り越し一気に日中は初夏の陽気です。

温かくなって嬉しいのですが、

花粉症等のアレルギーも出やすいので憂鬱な人も多いと思います。

ただでさえ春先は気温や気圧の変動が激しく、

体調面も不安定になりやすい季節なのに今年は一段と注意が必要です。

更に、3月〜4月は環境が変わる事も多い時期ですので、精神的にも落ち着きません。

温かくなり症状としては落ち着くはずなのに、

中々緩和して来ない人はそんな心的要素も含んでいるのかも知れません。

心も身体も穏やかに過ごすことを心掛けましょう。

 

 

4月26(木)〜28日(土)の仙台出張施術の予約を受付中です。

ご予約希望の方、詳しくはホームページをご覧ください→こちら

お問い合わせは松本深圧院仙台店専用の

090-6525-0305

までお願いいたします。