私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

炎症が骨に与える影響

 

炎症は、痛みだけでなく、軟骨や骨の変形にも関与します。

 

骨は、堅いというイメージのため、一度つくられると新陳代謝が行われないように思われますが、他の器官と同じように常に新しい組織へと生まれ変わっています。

 

例えば、骨折して骨が曲がってくっついてしまったとき、破骨細胞は余分な骨を壊して、骨芽細胞が新しい骨をつくって、曲がってくっついていた骨を真っ直ぐに戻す働きがあります。

 

骨中には古い骨を溶かして壊す破骨細胞と、カルシウムを使って新しい骨を作る骨芽細胞が存在しています。

 

骨が溶かされて吸収される量と、つくられる量とが釣り合って、骨は強さとしなやかさを保っていますから、破骨細胞と骨芽細胞、この両細胞のバランスがとても重要です。

 

しかし、股関節内に炎症が起きると、この骨代謝のバランスが崩れます。

 

細胞内から分泌されるたんぱく質である炎症メディエーターと呼ばれる活性物質が破骨細胞を刺激して、破骨細胞の数が増加し軟骨や骨を傷付けてしまいます。

 

股関節内に炎症が起こることは、股関節痛の原因になっているだけでなく、軟骨と骨の変形の原因にもなっているのです。

 

 

お知らせ】

2020年2月13日(木)~2月15日(土)の大阪出張施術の予約を受付中です。

ご予約希望の方はこちらをクリックしてください。 ☞ 大阪予約サイト

どうぞよろしくお願いいたします。