私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

祝改元「令和」

改元に踊らされたような10連休が終わり、後には疲労感だけが……

皆様は、ゆっくりできましたでしょうか?

 

今回は、ちょっとブレイクして、お勧めのスポットのご紹介。

お勧めと言っても、ご興味があれば…ですが。

 

それは、東京国立博物館で行われている特別展「東寺-(空海と仏像曼荼羅)」です。

3月26日からやっているので、もう既にご覧になった方もいらっしゃると思います。

「東寺」について簡単にご紹介すると、「東寺」は、8世紀末に平安京の鎮護のため、もう一つの「西寺」

 とともに建立されました。

その後、嵯峨天皇により真言宗の宗祖である『空海(弘法大師)』に下賜され、以後、真言密教の根本道場

 となりました。

創建当時の建物は、度重なる火災で残っていませんが(後に再建)、仏像や絵画等々は、創建当時のものも

 数多く、そのほとんどが国宝に指定されています。

今回特別展は、そんな空海ゆかりの仏像含む寺宝の数々と、密教の世界を見ることが出来ます。

その中でも、「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」という、天皇の安穏と国家の安泰を祈念する加持祈祷

 をする、真言宗で最重要の秘密の法会(勿論、普段は見ることはできません)が執り行われる、灌頂院で

 の道場の様子を室内に再現していたり(儀式で使われる密教法具や絵も間近で見れます)、通常は、東寺

 の講堂安置されている、空海が密教教えを分かりやすく立体的に表現した、あの「立体曼荼羅-仏像

 曼荼羅」の21体の仏像のうち、15体が集結して室内に再現されています。

     

これら国宝の仏像を、360° 間近で見ることが出来ます。

おまけに、何と太っ腹なことに、“帝釈天騎象像”だけは、今回撮影が許可されていました。

 (まるでアイドル撮影並みの人だかりでした。)

 

他にも、空海直筆の書である「風信帖(ふうしんじょう)」等々、まだまだ作品はたくさんあります。

6月2日まで開催していますので、興味のある方は是非この機会に、1200年という歴史を体感しに行か

 れてはいかがですか?

私は、仏像や密教の世界の知識はあまりありませんが、「音声ガイド」(有料ですが)を借りて、解説を

 聞きながら観覧すると、分かりやすくより勉強になりますよ。

(音声ガイドは、俳優の佐々木蔵之介さんが優しいトーンで語り掛けてくれて、これまたgooでした。)