私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

体幹と股関節

 

脚をしっかり使うためには体幹の安定が欠かせません。

 

身体を支え安定させる体幹の機能に関わっているのが、腹横筋です。

腹横筋は背中から腰にかけて広がる筋肉の膜の深部に付着して腰椎や骨盤の姿勢の保持に関与しています。

 

そして背骨のすぐ近くにある多裂筋も、背骨の動きに関わる筋肉で背骨の安定に関与します。

腹横筋は多裂筋と連動し、一緒に働くことで、腰椎を安定させることができます。

 

 

骨盤の左右の高さが違ったり、骨盤が前傾や後傾していたり、

骨盤の角度が変わることで股関節や体幹まわりの筋肉にかかる負担が増減します。

 

骨盤の角度が適正に保持できると、股関節の筋肉は働きやすくなります。

 

腰椎の安定により、股関節の運動に関与する筋肉が働きやすくなります。

 

脚がしっかりしていないと体幹が傾いてしまいますし、体幹が傾いていると脚の負担も増えてしまいます。

 

体幹の機能を高めることは、股関節にも良い影響を与えます。