私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

お問い合わせ

お問い合わせ

股関節痛の原因

 

股関節痛の原因は、2つあります。

 

それは股関節内に起こる炎症と、その炎症の影響を受けた筋肉の病気です。

 

股関節の炎症は、関節包という股関節の袋の中で起こります。

 

炎症の原因は様々ですが、足を滑らせて踏ん張った、運動中に股関節を捻ったなどで、

誰でも股関節内に炎症が起こります。

 

炎症が起きると反射的に筋肉は縮んで硬くなり、やがて筋肉自体からも痛みを発するようになります。

 

これが筋・筋膜痛症候群と呼ばれる筋肉の病気状態であり、もう一つの股関節痛の原因です。

 

レントゲンを撮っても、病気状態の筋肉は写りませんから、骨や軟骨に少しでも異常があれば、

それが股関節痛の原因と診断されてしまいます。

 

ですが人の体は、骨や軟骨だけで構成されているわけではないので、問診や触診も行い、

股関節痛の原因を絞り込むことが重要です。